妊娠中はたくさん葉酸を摂取しよう|先天性異常を防ぐ栄養素

女医

天然由来の物を選ぶ

男性女性

妊娠中のお母さんは生まれてくる赤ちゃんのためにたくさんの栄養を摂取する必要があります。お腹の中の赤ちゃんはお母さんが摂取した栄養をもらって成長していくのです。そんな栄養のなかでも重要だといわれているのが葉酸というものです。葉酸は赤ちゃんの脳の発育を助けてくれる栄養素で、これをたくさん摂取することで神経管閉鎖障害といった先天性異常のリスクを下げることができるのです。この葉酸はレバーやとうがらし、ブロッコリーやほうれん草などの食べ物から補うことができます。しかし、それだけでは通常の二倍の量の葉酸を摂取するのは難しいでしょう。妊婦さんに必要だといわれている葉酸の量は400マイクログラムです。これを効率よく摂取するために使うといいのが葉酸サプリです。葉酸サプリにはたくさんの種類があるため、どんなものがいいのか迷うことがあります。選ぶときに迷わないためにいくつかのポイントを押さえておきましょう。葉酸サプリを選ぶときに1番気にしたいのが、天然由来のものかどうかということです。葉酸には2つの種類があり、天然由来とか家具合成のものがあるのです。化学合成の葉酸サプリは石油や化学薬品が使われていて、赤ちゃんが喘息になってしまう可能性があります。また、添加物や保存料が使われている葉酸サプリも安心できません。無添加で天然由来の物を選ぶようにしましょう。葉酸サプリのなかにはカルシウムや亜鉛、鉄分など他に必要な栄養が入っている場合もあります。いろいろな栄養素が入っているものを選ぶといいでしょう。