整形にはリスクもある | 美容整形を考えた時にまず確認すべきこと

美容整形をする前に!踏みとどまって考えよう

美容整形のリスク

顔の美容整形に伴うリスク

まず、顔の美容整形に伴うリスクについてです。
顔すべての美容整形に言えることですが、整形に成功したその直後はいいものの、歳を取るごとに変わっていく顔の変化についていけず、つくりがおかしくなってきます。
つまり、その都度の調整が必要になってくることを忘れないでください。

具体的な顔の整形に伴うリスク例を紹介いたします。
二重手術は、目がひきつったり、ドライアイや視力の低下を訴える例があるそうです。
また、目頭切開をすると白目の部分が多くなり不自然な印象になりがちです。
鼻の手術には、時間の経過とともに鼻先が上がりすぎてしまうというケースがあります。また、異物を排出しようという働きから、鼻先の皮膚を突き破ってプロテーゼが出てきてしまうという恐ろしい例もあります。

体の美容整形に伴うリスク

体の美容整形には痩身技術が一般的ですが、実際には痩せたわけではないので、健康状態が変化したわけではないことを理解しておいてください。

具体的なリスクの例を紹介したします。
例えば豊胸手術では、注入した脂肪の壊死が問題となっています。生理食塩水の入ったバックを入れた場合は急に潰れてしまうということもあるようです。シリコン製バックの場合は触った指の形が戻らなかったり、バックだけ自然に浮き上がってしまった例もあるようです。

脂肪吸引には、術者の腕次第では削った皮膚の部分が凹凸にボコボコした状態になってしまう可能性があります。また、内側の肉を取り除く手術なので体の負担も大きく、皮膚が突っ張るなどの違和感を訴える例もあります。


この記事をシェアする